「結婚とお部屋探しは同時のケースが多い。」だからこそ、二人の新しいお部屋で幸せな笑顔を写真に残したい。

「結婚とお部屋探しは同時のケースが多い。」だからこそ、二人の新しいお部屋で幸せな笑顔を写真に残したい。

ファミリー物件にはよくDINKSさんが入居されるケースがございます。

DINKS=Double Income No KidS

つまり一般的な新婚さんで共働きのケースです。

これからの人生を一生ともに過ごすパートナー。

そして、そのパートナーと一緒に生活をスタートする初めての場所。

間違いなく思い出の場所の一つに刻まれる。

そんな大切な担い手になるのが大家さんという仕事だったりもします。

せっかく住んでいただいている中でこのような時間があるのなら、もっとワクワクした時間にしてはどうでしょう。。

ということでスタートした企画が「For your proom」というプロジェクトでございます。

あなたが住んでいるお部屋でウェディングの撮影をする。

結婚2年目、5年目などの節目を記録に残します。

賃貸物件は普通2年契約で、2年ごとに更新をします。

この「更新」時に大家さんからのプレゼントとしてこちらの撮影をわたくしは提供しています。

今までにも何組かの方々に了解をいただき写真に残してきました。

みなさま非常に喜んでいただき新しい思い出の一つとして楽しんでいただいています。

この企画を思いついたきっかけにはこんなことがあります。

※わたくしの父がウェディングドレスを作ることができること。
※カラフルなお部屋がとっても雰囲気の良いハウススタジオのように住んでいただけること。
※コミュニケーションを通じて大家さんと住人さんの距離が近いこと。

やっていると皆さんが笑顔で楽しく撮影をしてくれます。

プロカメラマンに写真を撮っていただく機会もそうそうないものですし、こういった時間もまた住人さんとのコミュニケーションを持てる大切な時間だと思います。

わたくしども、「わくちん大家さん」たちはご希望があればこういった企画も快諾してくれることでしょう。

楽しくてわくわくする生活を。幸せな時間を記録に残すプロジェクト。

現在進行形でいくつかのプロジェクトも動いています。

またこちらで書かせていただこうと思っています。

二人の幸せ。そして、幸せの証。For your Proom

Follow Takahiro Koshimizu:

1977年生まれのB型。趣味はカメラ、ファッション、サッカーです。 父が婦人服の製造業のため小さい頃からミシンを踏んで遊んでいた私。 その影響からファッションに関してはずっと興味があります。 大学卒業後、イギリスロンドンに遊学。語学学校に通いながら知り合ったバッグデザイナー・ジャスの工房でバッグ生産の手伝いを始め、その後一緒にレザーバッグブランド「ジャスエムビー」をプロデュースし、パリコレにて発表。2年間勤務後、祖父の他界を機会に日本に戻り、父の会社で不動産管理をスタート。 川崎市宮前区、高津区の物件を所有し管理をしています。 現在は不動産管理以外にもエリアの価値向上のための活動中! http://koshimizutakahiro.com/