ひょうたんを使ったアートクラフト「ひょうたんランプ」で新しい趣味の発見が出来るかも!?

ひょうたんを使ったアートクラフト「ひょうたんランプ」で新しい趣味の発見が出来るかも!?

わくちん大家さん・小泉京子さんの趣味の一つ。

クラフト。

現在運営中のフリースペースASOBIBA NOGAWAの看板もご本人が趣味で作成したアートボードなんだとか。

趣味を持つことは本当にいいことですよね。

感性が磨かれますし、創造力もでてきて。

今回の話題はそんな小泉さんからのご紹介いただきました「ひょうたんランプ」作りでございます。

最近の若者たちってひょうたんを見たことあるのでしょうか。

私たちが子供のころはよく手にしたものですが、最近、私自身も見ないですね。

コチラがひょうたん。

ウリ科の植物で白い花が咲きます。この果実が、熟すと外側が固くなりこのようなものになります。

形が変わっているので器に使ったり、デザインしたりすることが多いですね。

今回はランプに変身させるということです。

友人のご紹介で出会ったひょうたんランプアーティスト・向川 康樹さんがきっかけで始めたそうで、一度やったらはまってしまったようですよ。

作り方はシンプルでひょうたんにご自分の好きな絵をかいて、工具で削っていく。

穴が開いた部分から中の光が透けてキレイな照明に。

おしゃべりしながら2時間ほどで完成!

確かにかわいいですね~~~~!

キレイにできても、ちょっといびつでも、とっても味のある一品ができそうですね。

「集中すると時間が過ぎるのも早くてあっという間です。電動工具を使う機会も今までは少なく慣れていなかったですけど、ひょうたん自体がそこまで硬くないので女性でも簡単に使いこなせて面白いです。穴が開く時の感触は、病みつきになりますね。」

そんな小泉さんが今回ASOBIBA NOGAWA にて「ひょうたんランプ作り」のワークショップを開催します。

https://www.facebook.com/events/198173480914433/

↑↑↑↑Facebookイベントページ

皆さんでワイワイしながらチクチクと穴をあけ、そして最後にお披露目ライトアップ。

楽しい時間を共有してみませんか。

ご興味ございましたら、是非ご参加ください。

フリースペース ASOBIBA NOGAWA へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

Follow Takahiro Koshimizu:

1977年生まれのB型。趣味はカメラ、ファッション、サッカーです。 父が婦人服の製造業のため小さい頃からミシンを踏んで遊んでいた私。 その影響からファッションに関してはずっと興味があります。 大学卒業後、イギリスロンドンに遊学。語学学校に通いながら知り合ったバッグデザイナー・ジャスの工房でバッグ生産の手伝いを始め、その後一緒にレザーバッグブランド「ジャスエムビー」をプロデュースし、パリコレにて発表。2年間勤務後、祖父の他界を機会に日本に戻り、父の会社で不動産管理をスタート。 川崎市宮前区、高津区の物件を所有し管理をしています。 現在は不動産管理以外にもエリアの価値向上のための活動中! http://koshimizutakahiro.com/