【梶ヶ谷】白鳩ヴィラB

【川崎:田園都市線沿線】

ストーリー


「お荷物、これで最後になりますが、大丈夫でしょうか?」

「はい、大丈夫です。ありがとうございました。」

「では、お預かりさせていただきます。後ほど、現地集合でお願いいたします。」

今日、ウィリアムズ夫妻は引っ越しの日を迎えた。

先日入籍を済ませ、それと同時に今後のことを考え、奈央の実家の近くに引っ越すことにしたのだ。

1年半入居していた「白鳩ヴィラ」から、自分たちが使っていた家財道具が運び出され、ガランとして部屋を見て奈央は感慨深い気持ちになっていた。

夫となったアレックスと出会ったのが2年前。

奈央が勤務していた職場にアレックスが外注先のパートナー企業からやってきたのが出会いだった。

出会いから程なくして二人は付き合うようになり、職場の沿線である田園都市線で住まいを探して一緒に暮らそうという話になるまでに、そう時間は必要としなかった。

海外留学もしていた奈央にとって、外国籍の彼氏ができることははじめてのことではなかったが、一緒に住むのはアレックスがはじめて。ドキドキしながらも、一体どんな風に二人で生活ができるのかを想像すると、ワクワクする気持ちのほうが大きかったように思う。

しかし、二人の同棲生活はスタート地点でいきなり、つまずくことになった・・・。

「申し訳ございません。ご希望のお部屋は先ほどに別の方に決まったようです・・・。」

「申し訳ございません。貸主様より今回は見合わせたいとのことでして・・・。」

「申し訳ございません。外国籍の方のご入居はご遠慮いただいている物件でございまして・・・」

アレックスとともに部屋探しをはじめ、いくつかの物件に問い合わせをしていく中で、奈央は日本の賃貸事情を目の当たりにした。

自分ひとりが住む部屋を借りる時には、敷金・礼金が用意できるかどうか?そして、保証人を付けるか、保証会社の審査が通るか?くらいしか問題にならず、むしろこちらが物件を選べる立場のように感じていたが、外国籍の人と一緒に部屋を借りるとなると、全く不動産会社の対応が変わったのだ。

アレックスの日本でも滞在歴が3年以上あること、そして企業に勤めているエンジニアであることを伝えても、問い合わせの時点で断られるケースもあれば、内見まで行っても、最終的に他の方で決まったと言われるケースも少なくなかった。

~どうしよう?私たち、どうやったら一緒に住めるんだろう?~

ワクワクしていた気持ちから一転して、自分たちは無事一緒に住めるのかどうかと考えると、途端に不安が押し寄せてきてしまった。

アレックスの繋がりで、周りの外国籍の同僚や友人たちに希望の物件で外国籍の人でも審査が通るところを知らないか聞いてみたものの、ひとり暮らしやファミリーで住んでいる人が多く、二人暮らしにぴったりの広さで田園都市線沿線となると、思うような情報が入ってこなかった。

物件を探し始めて半月。

半ば諦めかけていた頃、久しぶりにランチに行った元同僚の裕子から思わぬ情報が舞い込んだ。

裕子とは半年前まで部署が一緒で、今でも定期的にランチにいく仲。アレックスと付き合い始めたことも、自分のことのように喜んでくれた彼女から、「ねぇ、奈央、なんだか疲れてる?」と聞かれると、いつもは愚痴を言いたがらない奈央も、物件探しで苦戦していることを裕子に話さずにいられなかった。

「あー、そうかー、あるよねー。ウチらも留学して海外住まいを経験しているから、こういうことに免疫がないわけじゃないけど、日本ってまだまだ扉が開かれてないよね。オッケー。午後にでも、同僚たちにいい物件を知らないか聞いてみるわ!彼ら、良い情報持ってるかも!」

その後、お互いの近況を話して別れたあと、午後の仕事を開始して1時間後に早速、裕子から社内メールが届いた。

「奈央ー!早速聞いてみたよ!!いくつか情報送るね!!」

そう書かれたメールの下に、いくつか不動産会社のリンクが貼られていた。どうやら最近引っ越しで住まいを探した外国籍の同僚がいたようで、その時に良くしてくれた不動産会社らしい。

「裕子、早速ありがとう!!問い合わせしてみるね!!」

奈央は、今日の夜にでも早速物件を見て、問い合わせをしてみようと心に決めた。

奈央とアレックスが1年半住んだ「白鳩ヴィラ」は、この時、裕子が情報をくれた不動産会社の1社が紹介をしてくれた物件だった。

仕事が休みの土曜日に店舗に訪問をし、二人で暮らす予定であること、田園都市線沿線で住まいを探したいと思っていることを伝えると、「それでしたら、こちらのお部屋ですといかがでしょうか?」と、紹介をしてくれた物件が「白鳩ヴィラ」だった。

「こちらの物件、梶ヶ谷駅から徒歩10分の物件です。少し駅から遠い印象があるかもしれませんが、ご希望の洋風の雰囲気の間取りであること、それから賃料もご希望の13万円以内に収まります。それから、お聞きしてみないとですが、管理会社を挟まず大家さんが直接管理をしている物件ですので、融通は利きやすいように思いますよ。良かったら、今から内見にいきましょうか?」

実際に「白鳩ヴィラ」に足を運んでみると、1Fが大家さんご夫妻が運営をしているカフェになっていて、とても温かみを感じる物件だった。

2016年にできたばかりという建物はとても綺麗で、個性のある間取りにアレックスも奈央も一目で気に入った。

大家さんである関口さんとも、その場で少しお話ができて、とっても朗らかな印象なのも、安心感を覚えた。

「この部屋に住めたらいいね」とアレックスも即決。

自分たちの意向を不動産会社の営業に伝え、奈央とアレックスは不動産会社からの連絡を待った。

翌日、無事「入居OK」の連絡をもらい、こうやって奈央とアレックスは「白鳩ヴィラ」の一員となったのだった。

入居して3ヶ月。

奈央とアレックスは土曜日のランチは大家さんが運営する「シラハト商店」で食べるのが習慣となっていた。

食材にこだわって丁寧に手作りをしている「手作りお惣菜定食」が奈央もアレックスも大のお気に入り。

また、梶ヶ谷駅から10分も歩くと、昔ながらのご近所付き合いがあるのも、心地が良かった。

アレックス、そう言えば、普段エンジニアの仕事しているんだよね?」

「そうですよー。」

「ここによく集まるママたちが、子供にプログラミング習わせたいって言っていたんだけど、アレックス教えられたりする?プログラミングできて英語もできる人だと、英会話の勉強にもなるから、ママたちが喜ぶかなぁと思って。」

「面白そうですねー。僕もご近所の皆さんと、もっと交流できたら嬉しいです。」

「本当に!?ちゃんと授業料いただくようにするから、アレックス、先生やってくれる?」

「はい、もちろん。でも、僕がいる会社、別の仕事してはダメなので、お金じゃなくて、ここのお店のランチ券、どうですか?。」

「ランチ券ね!!わかった!!」

「こうやって、関口さんのおかげで、奈央とアレックスは地元の人と繋がり、顔を覚えてもらうきっかけが出来た。

引っ越し前には想像もしていなかった展開に、引っ越しを諦めなくて良かったと奈央は今でも思う。

人と人とが顔を合わせ、交流をし始めると、国籍も肌の色も言語も関係ない。

ボディーランゲージでも十分にコミュニケーションが図れてしまう中で、大事なことは、お互いを理解し、お互いを尊重しようという気持ち。

そのことを、奈央は今回「白鳩ヴィラ」に出会うまでの経緯を思い出して実感していた。

引っ越しても、また「シラハト商店」にランチを食べに来よう。
そして、職場の同僚で住まいを探している人がいたら、このヴィラをお勧めしよう。

それが、奈央とアレックスが「白鳩ヴィラ」にできる恩返しだから。

私たちは今、多くの情報に日々触れていて、だからこそ、ネットの情報よりも、近しい友人の情報に価値を置くようになってきている。

長い目で見て、住んで下さった方が良い口コミをしてくださるかどうか?が、賃貸物件に問われている真の価値なのかもしれません。

Fin

写真はこちらから

物件概要

家賃
102,000円
管理費+共益費
5,000円
号室/階
B Type/2階
間取
1LDK+S
広さ
41.46m2
アクセス
神奈川県川崎市高津区下作延3-18-10
  • 東急田園都市線/梶ヶ谷駅 歩10分
  • 東急田園都市線/宮崎台駅 歩13分
  • 東急田園都市線/溝の口駅 歩21分
敷金/礼金
1ヶ月/1ヶ月

間取

マップ

神奈川県川崎市高津区下作延3-18-10

オーナー

関口桂司

関口桂司

親が自営業で八百屋を営む家に生まれ、親が米屋を営む妻と結婚。
現在、家族で管理する賃貸物件『白鳩ヴィラ』の1Fにて、夫婦で定食とコーヒーのお店 カフェ『シラハト商店』を営んでおります。
https://www.shirahatovilla.com

詳細はこちら

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ