オーナープロフィール

山田佳一朗

1.プロフィール

山田佳一朗 Kaichiro Yamada

1973年生まれ。O型。ものづくりが好きで武蔵野美術大学でデザインを学び、2004年よりデザインオフィスを主宰。家具や食器などの日用品、インテリアを日々デザインしています。

両親が育てた花苗を広めたく、2011年に家族や妹とともに「花ノ停留所」を開店。花を用いたワークショップを毎月開催したり、地域の方が交流する「花ノ停留祭」を開催したりしています。

2017年より花住荘で賃貸住宅の運営を始めました。妻とともに、デザイナーと花屋で培ったノウハウを活かし、花住荘に関わる人たちが生き活きと生活できる環境を作りたいと思います。

アパート名称:花住荘 KASUMISO [花と住む部屋]

2.お持ちの建物のエリア情報

生田緑地やバラ園まで歩いて約10分の自然豊かな地域で、6月にはとんもり谷戸でホタル、夏にはザリガニや昆虫採集が楽しめます。
農家の直売所も多く、新鮮で美味しい野菜が手に入り、いちご狩りや枝豆、大根などの農業体験もできます。
向ヶ丘遊園駅へバスで10分、溝の口駅へは20分ほど。田園都市らしい暮らしやすいエリアです。

3.物件の特徴

花住荘はお花屋さんが運営する花や果実と共に住むアパートです。
春の庭では色とりどりの花が咲き、夏にはベリーが実り、秋には甘いイチジク、冬はミカンを収穫できます。
庭の花壇を家庭菜園にすれば、自家製の新鮮野菜も採れます。
インテリアはデザイナーでもあるオーナーが計画。
花壇の植栽に合わせたカラーリングや、オーナーデザインの家具や小物が楽しめます。

4.どのような賃貸経営をしたいでしょうか。

デザインと花の魅力を活かしたいと思います。
部屋の中はデザインでインテリアを快適に、外は花壇を管理して季節の花を観賞でき、ハーブや果実を収穫できる環境を整えます。
また、花ノ停留所でのイベントだけでなく、近くで開催されるイベントもご案内し、地域の魅力と交流する機会も増やして頂ければと思います。
物件の1室にデザインオフィス、歩いてすぐに花屋があるので、顔を合わせていきたいです。