【宮崎台】キャムパークハウス

【川崎:東急田園都市線沿線】

ストーリー

水曜日、21時。

都内の税理士事務所に勤める原田大智(はらだだいち)は、会社の最寄り駅から2駅で着く自宅マンションに帰宅するために、いつもの電車に乗った。

水曜日のこの時間は、帰宅ラッシュの時間が過ぎて、心なしか車両が空いている時間帯である。

電車に乗ってすぐに座れる席を見つけたものの、普段から運動好きの大智は電車移動は座らないと決めている。

別の入り口から乗ってきたスーツ姿のサラリーマンが我先にと、大智が目にした空席に座り込んでいく。その光景を見ながら、最近の大智は違和感を隠せないようになっていた。

~何故、みんな疲れた顔をしながら我先にと空いている席に座るのだろうか?~
~何故、会社員はスーツというトレードマークで通勤をするのだろうか?~

特に大智の職業、税理士はスーツ必須のような空気感が流れている。勤めている税理士事務所の中でも「スーツではなく、自分の好きな服を着てきても良いですか?」とは、言い出せないような雰囲気だ。

27歳で税理士として働き始めた大智は、最初は満員電車も、戦闘着のように身につけるスーツにも、何の疑問も持っていなかった。職業柄、決算時期になると季節労働者のように忙しくなるので、終電を逃しても徒歩か負担のない金額でタクシー帰りできる場所に住むという選択も、先輩を見習ってしてきた選択だ。

でも、最近は都心の中にいる自分に違和感を感じて仕方がない。

職場近くも自宅近くも代わり映えのない、コンクリートに囲まれた生活。ずっと住み続けるのはこの場所ではないということを無意識に自覚するようになっていた。

「ただいまー」

「おかえりなさいー」

明かりが灯る自宅に大智が帰ると、妻の香織が出迎えてくれた。

香織の職業はヨガインストラクター。3年前まで大手レッスンスタジオで正社員として働いていたが、不規則になりがちな生活スタイルを変えたいと、今ではフリーで働いている。そのため、平日の夕飯担当は香織である。

「大ちゃん、食べるの、ちょっと待ってね。今日のレシピ、Instagramに上げちゃうから。」

そう言うと、香織は慣れた手つきで今日の夕飯をスマホで撮り、加工をしてSNSにアップしていく。フリーになってから仕事用にと香織はSNSを始め、今ではレッスン生の8割が香織のInstagramを見て集まってきている。

そんな香織が楽しく仕事をしている様子を大智は隣で見ているうちに、ふと心の声が漏れていることに気づいた。

「俺も独立しようかな・・・」

その声を聞いた香織はこう返した。

「大ちゃんも十分経験を積んできたし、一人でやるのもいいと思うー。私も応援する!!」

「え?香織、そうなの?」

「どういうこと?」

「いや、俺が今の事務所辞めると、安定した収入じゃなくなるだろ。そういうの、心配するかなぁと思っていたから」

「そんなことないよー。むしろ、大ちゃんが独立願望があったことにびっくりした。初めて言ったよね、独立しようかなって。私は良いと思うよー。そもそも、大ちゃんが毎日スーツ姿で通勤しているのって、私にとっては少し違和感感じていたのも事実だし。元々、運動好きでスポーティーなタイプなんだから、無理に型にハマらなくてもいいんじゃない?ほら、フリーランス税理士とか、かっこよくない?」

「フリーランス税理士かぁ・・・」

この夫婦の会話をきっかけに、大智の気持ちはどんどん独立への方向に傾いていった。

~型にハマる必要はない~

その香織の言葉が、何かあると頭をよぎるようになり、規定のルールや慣行にとらわれずに「自分はどうしたいのか?」と自分自身に質問をしてみると、働き方を変えたいという気持ちが強くなっていったのだ。

今までは同じ税理士か他の士業の先生たちとの交流が主だった大智は、交友関係も変えていった。

士業で既に独立をしている人たち、そして、士業以外で独立をしている人たちが集まりそうな勉強会や交流会を見つけては参加をし、どんな働き方、どんな生き方をしたいのか、たくさんのロールモデルを見て見つけるようにしていった。

3ヶ月後。

遂に大地と香織はある決断をした。

その決断とは「住まいを移すこと」。

20代の頃に必死で自分の力をつけようともがいていた時は、二人にとって東京という場所は必要不可欠な場所だった。

しかし、40代も近くなってきた今、本当に自分たちが欲しい暮らしを考えた時に、この都会の便利さや人の多さというのは、窮屈さを感じるようになっていた。

二人にとってこれからの生活に必要なもの。

それは「緑がある暮らし」「自然光が差し込む生活」「念願のワンちゃんと共に生活できる暮らし」だった。

「香織、俺、退職願い、明日会社に提出してくるよ。年内で退職したいと言うつもり。」

「うん、わかったー。いってらっしゃい。」

「そうそう、引っ越しするのに良いエリア見つけたよ。この前の交流会で知り合った人が、たまたま大家さんでさ。ペットOKの物件も扱っているんだって。コワーキングスペースも運営しているらしくて、今度いろいろ案内するって言ってくれている。」

「本当!?大ちゃん、そういう嗅覚、優れているよね(笑)」

「うん、俺、人には恵まれる自信がある。」

こうして大智が退職願いを会社に出し、受理をされた週末。大智と香織は田園都市線の宮崎台に出向いた。

大智が交流会で出会った大家さんが物件を見せてくれるというのだ。

田園都市線宮崎台駅。閑静な住宅街という感じだ。高級マンションが立ち並ぶというより、古くから住んでいる方やファミリーに人気のあるエリアという雰囲気で、二人との駅に降り立った瞬間から、今までの東京暮らしとは違う空気を感じた。

そして、駅から10分ほど歩き、物件にたどり着いた。

目の前に公園があり、部屋の窓からは敷地内の家庭菜園に植えている野菜が見える。

外観は普通のアパートという感じだが、部屋の中はリノベーションされていて、部屋の雰囲気を見て一瞬にして二人のテンションは上がった。

2LDK。

寝室スペースに、香織がヨガをするスペースに、大智の仕事スペースに、この広さがあれば十分だった。

「いいですね!この部屋!!一気に自分たちが住むイメージが現実的になってきました。ちなみに家賃いくらでしたっけ?」

「ここは家賃が12万5千円で、管理費が5,000円。合計で月13万円ですよ。」

「え?13万円ですか?この広さで?」

「都内から引っ越して来られる人には、いつも驚かれます。都内は家賃が高いですからね。」

「はい、今住んでいるところは1LDKで同じくらいの家賃を払っていました。」

「あと、ワンちゃんを飼う予定でしたよね?うち、ペットOKですし、この辺は道路も広いので散歩もしやすいと思いますよ。東京だと道路が狭くて散歩が大変だったりしますからね。」

「そうですよね。色々教えてくださってありがとうございます。問題なく審査が通れば、ぜひこの部屋でお願いしたいです。」

大智と香織の新しい住まいが始まった。

誰もがスーツを着て、誰もが朝の満員電車に乗り、決まった場所に通勤をするという働き方は、今まさに変わりつつある。

一律の働き方が幸せとされていた時代から、個々の幸せ・個々の生き方を追求する時代に。

だからこそ、原田大智のように、心に感じる違和感は大切にしたほうが良い。

その違和感が自分の生き方を追求するヒントになるから。

フリーランス税理士、原田大智。

妻とワンちゃん2匹とともに宮崎台の家に住み、独立開業支援、個人事業~会社設立のサポートをメインで行う税理士として活躍している。

ポリシーは「スーツを着ない税理士」。

士業にもスーツ不要な時代がやってくるのかもしれない。

Fin


写真はこちらから

物件概要

家賃
管理費
5,000
号室/階
間取
3DK
広さ
51.5m2
アクセス
神奈川県川崎市宮前区宮崎3-17-1
  • 東急田園都市線「宮崎台」駅徒歩9分
  • 東急田園都市線「宮前平」駅徒歩17分
敷金/礼金
1ヶ月/1ヶ月

間取

マップ

神奈川県川崎市宮前区宮崎3-17-1

オーナー

越水隆裕

越水隆裕

川崎市宮前区、高津区の物件を所有し管理をしています。
現在は不動産管理以外にもエリアの価値向上のための活動中!
http://koshimizutakahiro.com/

詳細はこちら

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ