【宮崎台】キャムパークハウス 2LDK

【川崎:東急田園都市線沿線】

ストーリー

⽇本を離れて早10年。
⾹織はため息をついた。

「あー、どうしよう」

フランスの住み⼼地はいい。
夫ポールも料理⼈として軌道に乗ってきたし、⾹織のウェブデザインの仕事も順調だ。
息⼦のルイも学校⽣活にも⼤分慣れて楽しそうに通っている。

「ねぇ、⼼配なのよ。⽇本に帰ってこない?」

⺟からの電話で考える。
いずれはポールと相談して⽇本に⽣活の拠点を移すつもりだった。
ルイの成⻑には、⽇本とフランスどちらの⽂化も⼤切だと考えるからだ。

「・・・ねぇ、ポール。⽇本に住むことを考えない?」
「うーん、そうだね。僕も考えていたよ。ルイのためにも⽇本で住むことはとてもいいことだと思う。」

次の⽇、遊びに⾏きたそうなルイを宥めながらポールが聞く。

「ルイ、ママとパパと⼀緒に⽇本で暮らしてみないかい?」
「いいね!⽇本のおじいちゃん、おばあちゃんに会える!?」
「もちろん!毎⽇でも会えるように近くに住もう!」
「やったーーー!」

同居も考えたが、⾹織が結婚して家を出る時に、両親は広くなってしまった家を⼿放し、
今は夫婦⼆⼈で住みやすい家に住んでいるのだ。30年前より今の⽅が仲良くなった両親を邪魔したくない。
ポールと相談し、両親の住む宮前区あたりで家を探すことにした。

「ルイ、どんなお家に住みたい?」
「僕は学校が近くて、休みの⽇はサッカーができるお家がいい!」
「なるほど、じゃあポールは?」
「僕はフランスにいた時をいつでも思い出せる家がいいな!」
「ママはどんなお家がいいの?」
「うーん、ママはお洒落で綺麗で駐⾞場があって駅から近くて・・・」
「多いな!」

次の⽇から家を探し始めた。

「宮前区、どんな街なんだろう。」

幼少期から過ごした街だが、⼤⼈になってから⻑い時間をフランスで過ごしてきた。

きっと街も変わったりしているだろう。
家を探す前にまずは街を知ることから始めることにした。

「⾹織、僕も⾊々調べてみたけど、YouTubeに⾯⽩いチャンネルがあるよ!」

ポールが教えてくれたのは「ふらっとさんが⾏く!」だった。
川崎市の⾼津区、宮前区、中原区のエリアを盛り上げる街紹介チャンネルだ。

「え?!⼦供の頃は気づかなかったけど、こんなに⾊々な場所があったんだ!」

フランス顔負けのお洒落なカフェ、ヴィーガンバーガー専⾨店、様々な野菜を取り扱う農園もある。
家族で楽しめそうな体験型のアクティビティも!

「決めた、絶対この街に住む!!!」

⾹織は⼼に固く誓うのであった。

次の休⽇、ポールと⾹織は悩んでいた。
「物件ていっぱいあるね・・・」
「気軽に⽇本に⾏って⾒に⾏くわけにいかないからねぇ・・・」
「そんな時間も余裕もない!」
「そうだよねぇ・・・」

しばらく無⾔でキーボードの⾳が部屋に響く。

「・・・あー!!!ここ!!!」

「ふらっとさんが⾏く」からたどり着いたのは「わくちん(わくわく賃貸)」
賃貸物件を紹介するブログを発⾒したのだ。

「なにこれ?!?!すごい!」

カラフルなアクセントクロスを使ったわくわくする部屋に⼀⽬惚れしたのだ。

「すごい!ねぇポール、ここのお家を借りたい!」
「賛成!」

そこに友達とサッカーしに⾏っていたルイが帰ってきた。

「ルイ!とても楽しい素敵なお家を⾒つけたよ!」

ルイに⾒せてみる。どんな反応をするのだろうか。

「すごい!僕こんなお家に住んでみたい!まるで絵本みたいだ!」

ルイも気に⼊ったようだ。
⾹織は早速メールで問い合わせる。
フランスからの問い合わせ、受け⼊れてくれるのだろうか。

少し時間が経って、返信がきた。

「お問い合わせありがとうございます!是⾮おうちを決めるお⼿伝いをさせてください!」

何度かメールのやり取りをし、希望する条件も伝えた。
わくちんのサイトでみたワクワクするような家を⾒つけたい。
希望を伝えた上でいくつかの物件を紹介してもらった。
その中で⼀件、⽬にとまった物件があった。

東急⽥園都市線宮前平駅から徒歩7分
2L D K、駐⾞場あり。
近くには⼤きな公園もあり、学校もある。
駅前にはスーパーもあり、⾃分達が求めていた条件がほぼ揃っていた。
条件は揃っていたが、部屋の画像がなかったのが気になった。

「この物件、気になるのですが・・・」
「実は、こちらの物件はまだリフォーム中なんです。⼤家さんと相談して、私が提案した壁紙を貼ってもらうんですよ!
まだ張り替えが終わっていませんが、サンプルの画像など送りますね!」

届いたメールの添付ファイルを開いた瞬間、⾹織の胸が⾼鳴った。
ブルーを基調にした壁紙、模様がお洒落な輸⼊壁紙、ゴールドのデザインが映えるゴージャスな壁紙。
⾒ただけでワクワクするような壁紙サンプルの画像が届いたのだ。

「⾹織、ルイ、ただいまー!」
「ポール⾒て!」

帰宅してきたばかりのポールを急かして画像を⾒せる。

「パパ!僕この家に住みたい!きっと毎⽇が楽しくなるよ!」
「すごい!これは本当に⽇本の家で使われるの?まるでフランスのカフェみたいだ!」
「この壁紙の⾊とか近所のカフェで同じような⾊の壁あるよね!リフォームが終わる頃に引っ越したい!」
「そうしよう!」

そこからの毎⽇は⼼躍る楽しい時間だった。

「今⽇はお⾵呂とトイレの壁紙が貼れましたよー!」
「今⽇はリビングの壁紙が完成しました!」

時折送られてくるメールと画像に、⾃分達家族でリフォームをしているような気持ちになった。
少しずつ⾃分達がこれから⽣活していく部屋が完成していく。
⾹織は家族3⼈新しい家で⽣活している情景を想像して胸が⾼鳴る。

「リフォーム、完成しました!!!」

そんな連絡が来た頃、ポール、⾹織、ルイは帰国していた。
2週間のホテル滞在の後、リフォームが終了した家に⼊居する予定だ。
⾹織はパソコンの前で⼩さく歓声を上げた。

「ポール、ルイ、⾒て。私達が住む家が完成したよ。」

⽞関を開けた瞬間からリゾートのような別世界が広がっている。
L D K部分は落ち着きのあるブルーが映える壁紙を使⽤しており、まるでフランスのカフェのようだ。
⽊⽬調と⻘のコントラストがカフェのような、リゾートのような空間をより⼀層引き⽴てる。
4.5畳の洋室は暖かみのある紫を基調としたアクセントクロスで奥⾏きを感じさせる。
トイレや洗⾯所はゴージャスなゴールドのアクセントクロスが使⽤されており、ホテルのスイートルームのような⾼級感を感じる。
⽞関、L D K、キッチン、トイレ、どこにいても遊び⼼のある洗練されたデザインが楽しい。
⾹織、ポール、ルイはワクワクしながら新しい家に⼊居することを楽しみにしている。

Fin

キャムパークハウス 2LDK
写真はこちらから

物件概要

間取
2LDK
広さ
51.5m2
アクセス
神奈川県川崎市宮前区宮崎3-17-1
  • 東急田園都市線「宮崎台」駅徒歩9分
  • 東急田園都市線「宮前平」駅徒歩17分

間取

マップ

神奈川県川崎市宮前区宮崎3-17-1

オーナー

越水隆裕

越水隆裕

川崎市宮前区、高津区の物件を所有し管理をしています。
現在は不動産管理以外にもエリアの価値向上のための活動中!
http://koshimizutakahiro.com/

詳細はこちら

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ